head_img

「『!』と『?』が大事」

褒める時には【共感すること】がとっても大事です。

そしてその共感を表す際に意識するとよいのが実は『!』と『?』なんです。
例えば『凄いね~!』もそうだし、『やったね!』『偉いな~!』などがいい例ですね。

つまり、子どもの『自慢!』に対して『!』で返すということです(もちろん、子どもが自慢していなくても、『!』を使って褒めるのはとってもいいことです)。

では、『?』は?

『?』もとっても大切なんです。
例えば、「どうして嘘をついたらいけないの?」と子どもに聞かれた時、「どうしてだと思う?」と聞き返してみてください。
ちなみに発達心理学によると、子どもは7~8歳まで『嘘』の意味がわかりません。
ただ『言ってはいけない』と言われているだけなので、その年頃までは『嘘』と『悪口』の区別がつかないのです。

そんなことから、子どもの思考は発達していくんですね。

また、『?』は相手に関心を持っているかどうかのバロメーターとなります。
そして子どもは自分に関心を持ってもらうことが、とってもうれしいのです。
例えば、「おや? 今日はゲームをやらないの?」がそうですね。
もっともこれは、子どもだけではなく大人も一緒です。
美容院に行っても気付かない夫を持った奥さんは、是非この文を夫に見せてあげてください。

但し、注意が必要なのは、非難する(責める)時に使う『?』です。

例えば、『どうしてこんな事をしたの?』とか『部屋を片付けたの?』など、本来は謝罪を求めたり、責めたりする意味の言葉を疑問文で使うと、子どもの心は歪んでいってしまいます。

【共感】と【関心】、これが子どもの心にとって一番のご馳走なんですね。





Copyright(c)2012 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にあります。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org


アクセスカウンター


ページトップに戻る