head_img

「褒め方の枠組み」

子育ての本を読んでいると、必ず書いてあるのが『褒める事の大切さ』です。

確かに褒めるということは大事…。
・出来て当たり前の事でも誉める
・すぐ褒める
・良いところを探す

これらは大抵の本に書いてありますよね。

ところが、重要なのに意外と書かれていないことが有るんです。
それは、『誉める言葉は合理的でなくてもOK!』ということ。

『怒る』ときは合理的でなくてはならない。
これは事実です。

でも『褒める』とき、これは合理的でなくてもいいんです。
それなのに、『褒める時も合理的でないといけない』という【枠組み】を、無意識に持っている人が結構多いんですね。


ちょっと面白い例を挙げましょうか。
これは金平敬之助氏が書かれた「鏡は先に笑いません」という本の一節です。

------以下引用文

 「褒めるが勝ちだ」

 まず品物を褒める。
 ひたすら褒める。
 これがトルコで買物をするコツ、と聞いた。
 説得したかったら、褒めるが勝ちということだろうか。

 「すばらしいじゅうたんだ。
 触ったこともない。
 見たこともないほどだ。
 え、これが5000万リラ?
 とんでもない。
 信じられない。
 1億リラでも安いくらいだ。

 ところでお願い。
 これを1000万リラに負けてくれないか」

-------


合理的でなくても、【感情】や【感覚】で褒めればいいし、またそうやって褒めることができる人が【人を伸ばすことができる人】と言われるんですね。





Copyright(c)2012 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にあります。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び家庭教師・教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org


アクセスカウンター


ページトップに戻る