head_img

「褒め方」

子育てにおいて、「褒めることが大事」とよく言われますね。

でも、子どもの頃によく褒められたのに『うつ』になってしまう若者は沢山います。
これは、どういう事でしょう。

実は、ただ褒めればよいというものではないんですね。
褒め言葉の中に【評価】の要素が強いと、悪影響を及ぼす場合があるのです。
今回は、これをちょっとご説明します。


子どもの心には『快楽原則』というもの、つまり『快い』『不快である』という感覚を大事にしている部分があります。
ここのパーツが、『褒められる』と嬉しいと感じるんですね。

ところで、子どもの心の中には『モニター機能』という部分もあります。
ここは、『親から愛されるには?』とか『見捨てられないようになるには?』というチェックを無意識のうちに行っている部分です。

問題はここです!

例えば、子どもが自分でも満足する絵を描いたとしますね。
それを自慢げに見せに来た子どもに対し、「へぇ~ 凄いね~!」と褒めるのは、とってもOKです。

でも、この時は褒めずに、それが後日たまたま何かの賞を取ったとして、その時に、「へぇ~ 賞をとって凄いね~!」という【評価】の要素が強い褒め方をすると…。

そうです。
そういうケースが続くと、その子は【評価された時だけ I am OK 】という枠組みが心の中にできてしまうんですね。

1度や2度の挫折で、もう何もかも諦めてしまったり、常に他人(世間)の評価を気にして神経質になってしまったりする人は、心の奥深くにこの枠組みフレーム)を持っている人が多いんです。


では、どう褒めたらいいのか?

これはいろいろな『褒め方』があるのですが、全てを書くわけにもいかないので大事な事を3つ書きます。

・共感すること
・【優・劣】にこだわらないこと
・【良い・悪い】を中心にはおかないこと

これを是非、心にとめておいてください。
子供にとって必要なのは『【存在】を褒められること』なのですから。





Copyright(c)2012 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にあります。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org


アクセスカウンター


ページトップに戻る