head_img

「【聴く】ということ」

あちらこちら、人の集まる場所へ行くたびに、人間というものは『目一杯話したい生き物』なんだなぁ と、つくづく感じます。

きっと、自分のことは『どれだけ喋っても話し足りない』のではないでしょうか。

接骨院や病院などで、延々と自分のことを話し続けるお年よりを見ると、人間の【話したいという願望】がいかに強いかがよくわかります。

ところで、そういう場では、お互い相手の話をろくに聞きもしないで、交代で自分のことを話していますよね。

いくら話したいといっても、1人で話をしていても(つまり独り言です)つまらないですから、聴いてくれなくてもいいから『人』に向かって話し掛けているのでしょう。

さて、ここに重大な問題が含まれています。
人は『自分のことを話したい』という欲求から『話して』いる場合が多いということですよね。

つまり、『話している内容の是非』や『手っ取り早い答え』を求めているわけではない、ということです(もちろん、中には求めている場合も有るでしょうが)。

では、例えば子どもが学校から帰って、親に話し掛けてきた場合を想像してみてください。

「ねぇねぇ、お母さん! 今日ね、学校へ宿題の絵を持っていくの忘れたんだけどね…」


さてここで、「うんうん、そしたら?」 と聞けるでしょうか。


聞けたらこのあと、その子どもは「○○ちゃんがお昼休みに手伝ってくれて、間に合ったんだ!」という話が続くかもしれませんよね。

でも、「どうして出かける時にチェックしないのっ!」とか、「宿題は机の上の目立つところに置いてから寝なさい!」と、途中で言葉を挟んだとしたら?
我々は、『うんうん、そしたら?』とか、『そうか~』という言葉がもの凄く大事だということを、教わらずにきたケースが多いんですね。

だから、【子どもたちにも教えていない】ことが多いんです。

【聴くことの大事さ】を、我が子に伝えたいですね。





Copyright(c)2012 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にあります。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び家庭教師・教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org


アクセスカウンター


ページトップに戻る