head_img

記憶法

今回は『記憶』についてです。

実は僕は記憶力がとっても劣っているんです。
だから、『なかなか覚えられない』って悩んでいる子どもを見ると、ホントにその気持ちがわかります。

でも、日本の学校の試験の内容は、実は『記憶』がかなりのウェイトを占めているんですね。
そこで、誰でもできる簡単な、しかし重要な記憶法について書きます。

よく、記憶力に自信の無い人は、『覚えられない』って言いますよね。
でも、実は『覚え方が悪い』場合が多いんです。

日頃のことは覚えられなくても、大事な事を覚える方法はあるんです。

それは【イメージを作り、関連させること】。

『語呂合わせ』が、その典型的な例ですね。
数学の√の問題で、『富士山麓にオウム鳴く』という覚え方がそれです。

では、例を挙げてみましょう。

1月は睦月、2月は如月 といいます。
この覚え方をやってみましょう。
睦月(ムツキ)、如月(キサラギ)、と続いていく頭の文字を全て並べると、
『ム キ ヤ、ウ、サ、ミ、フ、ハ、ナ、カ、シ、シ』
となりますね。

まず、これで文を作ります。例えば
『向き合う 寒い冬は、なんかシンシンとしている』。
(ムキヤウ サミフハ ナカ シ シ)
次にこの文から、写真のようなイメージを作ります。
ここでのポイントは、その写真の中に自分が居るということです。
すごく寒そうな静かな部屋で、自分が誰かと向き合っているというイメージ画像ですね。

これで完成です。
言葉の頭の字がわかれば(例えば長月のナ)、あとは意外と簡単に思い出すものなんですね。
ハだと葉月 という具合に…。
あとは3日後、1週間後、1カ月後に思い出すようにすれば、たぶん一生忘れない筈です。

このパターンとしては、旧日本陸軍中野学校の記憶法などが有りますが、大事なのは【イメージと関連させること】。
コツを覚えれば、『記憶力が悪くても、一旦覚えたらなかなか忘れない人』になれるはずです。

このイメージ法以外にも、民主党や自民党で活躍していた鳩山兄弟が東大合格の為に考えた方法などもありますので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。





Copyright(c)2012 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にあります。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org


アクセスカウンター


ページトップに戻る