head_img

「無力感の学習」

ウチの子は、いくら言ってもやる気を起こさない…。
そんな悩みを持った方は、【学習された無力感】に注意してくださいね。
セリグマンというペンシルベニア大学院の院生は、犬に電気ショックを与える実験を続けるうちに、その犬達の中にまったく反応をしない犬がいることに気が付きました。
抵抗もせずに、ただひたすら電気ショックに耐えている犬を見て、彼はある事を思い付き、次のような実験をしたのです。

まず、犬を3つのグループに分け、1つ目のAグループはレバーを鼻で押すと電気ショックを止められる箱に入れ、2つ目のBグループは電気ショックを止める手だてが無い箱に入れました。
3番目のCグループは、電気ショックを受けない箱です。

各グループの犬はこれらの箱に入れられ、AとBのグループの犬は電気ショックを与えられたのですが、予想どおりAグループの犬は電気ショックを与えられると鼻でレバーを押し、ショックを回避したのですが、Bグループは為す術も無く、ただ苦痛に耐えるだけでした。

翌日セリグマンは、今度は真ん中に低い柵がある箱に昨日の犬をいれました。
犬はその柵で仕切られた片側に入れられ、電気ショックを与えられたのです。
柵は低いので、それを飛び越えて柵の反対側に行けば、犬は電気ショックから逃れることができます。

さて、その結果、犬がどのような行動をとったかというと、Aグループの『鼻でレバーを押し、電気ショックを自分でコントロールした犬』は、その柵を飛び越えて、電気ショックを回避しました。
前日、電気ショックを受けなかったCグループの犬も同様です。
ところが、Bグループの『電気ショックに対して為す術が無かった犬』は、ショックを受けても、そのままうずくまって哀れな声を出すだけだったのです。

つまり、Bグループの犬は【無力ということを学習した】のです。
それにより、『コントロールできる』という認知の枠組みが、『動いても何も変わらない』という枠組みに塗り替えられてしまったのです。

この【学習された無力感】というセリグマンの理論は、その後沢山の心理学者の研究により、人間にも当てはまることがわかりました。

このようになった場合、怒ろうがおだてようが、無駄なんですね。
『やる気が起きない子供』なのではなく、『やる気が起きないようにさせられてしまった子供』なのかもしれませんから。





Copyright(c)2012 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にあります。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org


アクセスカウンター


ページトップに戻る