head_img

劣等感

劣等感って言うと、自分の『劣っている部分』についての悩み、と思ってしまいますよね。
でも、人は『何に比べて』、『どれだけ劣っている』か、つまり劣っていると判断する【基準】を、あまり考えていないんです。

例を挙げてみましょう。
アインシュタインより頭が悪いからといって、悩む人はいません。
横綱より相撲が弱くっても平気なはずです。

という事は、自分と比較する基準が高すぎる場合は、劣等感は生じません。
どちらかと言うと、周囲の自分と近いゾーンで比較しているはずです。
しかも、人はこの基準を『自分で設定』している場合が多いんですね。

考えてみると、結構おかしな話で悩んでいるんですよ。
自分で勝手にあやふやな基準を設定し、それよりも低いと【劣等感】、高いと【優越感】を感じて一喜一憂しているという事ですから。

基準をどこに設定いるのか?
設定したのは誰で、自分がその基準を適正と判断した根拠は何か?

これらをじっくりと考えてみると、『あれっ?』って思える部分が出てくるはずです。
一度考えてみてください。

勘違いって多いんですよ。
例えば学校で使う【偏差値】がそうです。
あれは、記憶力や計算能力を比較する基準であって、人間性とか信頼性とは全く関連が有りません。
なのに、偏差値を基準として他人を【信じる】人っているでしょ?

あれって100m競争で早い人から順に頭が良い って言ってるのと同じ事なんですよ。

そんなおかしな話なんかに巻き込まれて、劣等感なんか持ってしまったら悲劇ですものね。

 
さて、この基準というものに関してもう少し突っ込んで考えてみましょう。

人から批判されて、落ち込んで【劣等感】が生じてしまう時がありますよね。
例えば人から『君は自分勝手だ!』と言われて、<自分は勝手なのだから人に好かれない>という劣等感が生じたとします。

でも、本当にそうでしょうか?
ちょっと例を挙げてみますね。

【通らないワガママ】ばかり言う人は<自分勝手>と言われます。

では【通るワガママ】を言う人は?


これは<自由奔放>って言われるんですね。

次に…。

【許せないワガママ】を言うと<大人気ない>と言われます。

では【許せるワガママ】を言う人は?


これは<少年の心を持つ人>って言われるんです。


おわかりいただけましたか?

<自分は勝手なのだから人に好かれない>ではないんですね。

<好かれにくい言い方をしたから、勝手と言われる>んです。

つまり【貴方の性格】がいけないのではなく、【貴方の表現方法】や、勝手な思いをどこまで表現するかの【判断力】がイマイチなんです。
これらは【技術】の問題ですよね。
つまり上手な人を真似して、練習すれば上達する という事です。

よく世間では、『劣等感をバネにして頑張れ!』 と言われます。
でも、これって言うのは簡単だけど、実行するのは大変です。

ところが、『劣等感を分析』することはそんなに大変なことではありません。
凹んだときには、この方法がとってもお薦めです。




Copyright(c)2012 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にあります。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org


アクセスカウンター


ページトップに戻る