head_img

子育てや家族問題に役立つお話 【親の感情の影響】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その37
【親の感情の影響】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


「今日お話したいのは、『親の感情が子どもに大きな影響を与える』ということについてです」

------親の感情と言いますと?

「感情と言ってもいろいろとありますよね」

------そうですよね。
『うれしい』とか『かなしい』とか『怒り』とか。

「それについて、親はもっと注意を払っていただきたいんです。例えば子どもを褒める時は親はどんな感情なのでしょう?」

------そりゃ、やっぱり『うれしい』だと思います。

「そうですよね。そして子どもは、自分が褒められた事だけではなく、親を喜ばせたことにもすごく満足感をいだくんです。
しかもその事によって、『自分は親を喜ばせることができる人間だ』という自信を、無意識のうちに積み上げていくんですね」

------そうなんですか。

「はい。逆に親が悲しんだ時、子どもは反省するんですよ」

------あ、なんとなくわかります。
わたしも子どもの頃、怒られてもあまり反省しませんでしたが、親が悲しんだ時は心の中で『もう二度とこういうことはしないでおこう』と反省してたような気がします。

「そうなんですよね。子どもは親の怒りにはよく反発するものですが、親の悲しみには弱いんですよ。
さてここで褒める場合について話を戻しますが、日本人は感情を素直に表現するのが苦手なんですね。だから、親が照れたりして褒める時に『うれしさ』を表さない場合がよくあるんです」

------あ、そうかもしれません。
ホントはとってもうれしいのに、それを押し隠して淡々と褒めたり…。

「そうなんですよ」

------でもそれじゃ、『親を喜ばせたことの満足感』や『親を喜ばせることができる人間だという自信』はつかないということですか。

「そういうことです」

------なるほど。
感情の表現って、子育てには重要ということなんですね。



    Copyright(c)2016 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPOハート・コンシャスの玉田とNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。









♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
NPO日本次世代育成支援協会では、毎週月曜(午後、夜間)に一宮で、火曜日(午後、夜間)に名古屋で『心理カウンセラー講座』を開いています(9カ月修了)。
月1回の土曜集中講座(12回修了)もありますよ!
なお遠方の方は第3土日に1泊2日の6回で修了するコースも有ります。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm




カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話やSkypeでのカウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-73-3911
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演 ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング
☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。
http://npo-jisedai.org





ページトップに戻る