head_img

子育てや家族問題に役立つお話 【ABA(応用行動分析)】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その45
【ABA(応用行動分析)】

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


以前NPOハート・コンシャスが主催した子育て講座で、名古屋市児童福祉センター元所長の金山先生(小児科医)と共に、鷲津先生にもお話していただいたのですが、それが大変好評でしたのでそれについて少しお話いただけますか?

「やはり、テーマが<「超苦手なことを持つ子」の育て方>ですので、ABA(応用行動分析)中心の内容でしたね」

------当日参加者に配布した鷲津先生の資料には、いつものようにわかりやすい言葉が並んでいますね。
・子どもが褒められた気がしない褒め言葉は、褒め言葉ではない
・うれしくないご褒美は、ご褒美ではない
・叱られても行動が変わらない場合は、叱らないのと同じ
とか…。
こういうのが、ABAということでしょうか。

「そのとおりです。他にもこういう例があります。
僕が大学でアンケート調査した中に、『親からよく言われた嫌な言葉』というのがあるんですね。そしてその堂々第1位は『何遍言ったらわかるの!』でした」

------私も子どもに言いました。(笑)

「そうですよね。殆どの親が言っていると思います。(笑) でもこの言葉、ABAから見るとこうなるんです。
・言っても【期待した行動】に変容しない場合は、先行刺激(指示等)や後続刺激(褒める、叱る等)に問題がある
・本人が頑張って出来たのに、適切な後続刺激が無いとその行動は【消去】してしまう
・叱られても行動が変わらない場合は、叱らないのと同じ 」


------そこなんですよね。大事なのは!

「例えば1つ目のことについて説明しますね。『靴下を脱いだらカゴに入れなさい(先行刺激)』と言っても、いつまでたっても行動が変わらない場合は、それは【役に立たない先行刺激】なんですね。だから工夫が必要なんです」

------そこになかなか気づけないんですよね~。
ついつい『何遍言ってもいうことを聞かない子』となっちゃうんです。
他にも役立つお話をいろいろとお話いただきましたが、また是非お願いしますね。(笑)

「はい。わかりました(笑)」



    Copyright(c)2016 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPOハート・コンシャスの玉田とNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。









♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
NPO日本次世代育成支援協会では、毎週月曜(午後、夜間)に一宮で、火曜日(午後、夜間)に名古屋で『心理カウンセラー講座』を開いています(9カ月修了)。
月1回の土曜集中講座(12回修了)もありますよ!
なお遠方の方は第3土日に1泊2日の6回で修了するコースも有ります。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm




カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話やSkypeでのカウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-73-3911
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演 ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング
☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。
http://npo-jisedai.org





ページトップに戻る