head_img

子育てや家族問題に役立つお話 【ネット・スマホ依存4】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その69
【ネット・スマホ依存4】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


今回も前回の続きですが、依存症への対処法をお話願えますか?

「はい。これはスマホなどのIT依存だけではなく、他の依存症にも共通するのですが、まずは本人だけの意思や努力で片付けようとしても無理があるということを認識することが第一です」

------つまり家族の支援が必要だと…。

「もちろん家族の支援は必要です。それだけじゃなく、お医者さんやカウンセラー、そして自助グループなどの外部の力も必要になるケースが多いんです。
もっとも困ったことにIT依存に関しては、ITの超急速な進歩に研究や調査も追い付いておらず、また自助グループもようやく出来かかっている程度という非常にお寒い状況なんですね」

------じゃあ対応できる所が少ないし、対処法も無いということですか。

「無いというわけではありません。他の依存症の研究に沿って考えていく方法があります。例えば、自助グループに参加するとよいという理由の一つに、『自分を客観的に見つめられる』というのがあります。
自分で自分のことを客観的に見るというのは本当に難しいことなのですが、例えばギャンブル依存症の人が自助グループに参加したとしますね。すると自分の失敗と瓜二つの失敗をしている人がそこにいるわけです」

------あ、なるほど。最初に先生は依存症のことを『否認の病気』と仰いましたが、自助グループで、ダメになっていった人を見るとそこで気付くわけですね。

「そういうことです。だから、自助グループがまだ近くになくても、スマホ依存でおかしくなった人の流れとかをいろいろと知れば、それは自分を客観的に見つめるきっかけにはなるということです。
ただ、ギャンブルやアルコール依存症の人は、最初のうちは自助グループに毎日参加します。これは『鍛錬』という『行動の習慣化』なんですね。これについては、IT依存症者の場合は今のところ各家庭が工夫しなくてはなりません」

------家族で工夫することが大事なんですね。
これって、家族も鍛錬するっていうことでしょうか。

「そのとおりです。そして依存症者の周囲は、絶対にイネイブラーになってはいけません」

------イネイブラーっていいますと?

「依存症者を助ける人です。依存症者の周囲には大抵の場合、依存行動を助ける人がいるんです。
アルコール依存の場合は、例えば夫がお酒を飲みたそうな顔をしてるとついついお酒を出しちゃうとか、飲んでグチャグチャ言い出したらもっとお酒を飲ませて寝かせてしまおうとか、ギャンブル依存症者の場合はその借金の尻ぬぐいをするとか…。
まぁ、やさしいと言えばやさしいんですけどね」

------なるほど。それで依存症者がますます甘えてしまうわけですか。

「そういうことです。ギャンブル依存症者で言えば、尻拭いしてくれる人がいるうちは抜け出られません。
IT依存でも同じです。スマホやパソコンを取り上げられて離脱症状、つまり禁断症状が出て攻撃的になった時、家族が折れてまたスマホを渡してしまったら、すぐに元の木阿弥になります。
『線引きして、それを超えた場合は覚悟を決める』ことが周囲にも必要なんです。そしてその上で、依存症者の『言葉』ではなく『行動』を重視します。
人間って依存症になってしまうと嘘もつくし、平気で人を騙したり裏切ったりしてしまうものなんです。とにかく『行動』が大事なんです。
そして後は、生活習慣を細かくチェックすること。これらを日々継続してやっていけば、依存から抜け出す日が必ずやってきます」

------そうですか。依存症ってとっても怖いということがよくわかりましたけど、それでもやるべきことをキチッとやっていけば、乗り越えられるということですね。

「はい。そして予防も忘れないでください。ならない為には、そして兆候が現れだした時は、
・完全主義 べき主義などの認知の枠組みを柔軟な枠組みに変えていく
・コミュニケーション・スキルの習得
・よい人間関係の構築
・ストレス耐性やストレスの処理技術をUP
そして小さな事からでも向き合う癖をつけていくことが大事です」

------はい。どうも有難うございました。



    Copyright(c)2016 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPOハート・コンシャスの玉田とNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。









♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
NPO日本次世代育成支援協会では、毎週月曜(午後、夜間)に一宮で、火曜日(午後、夜間)に名古屋で『心理カウンセラー講座』を開いています(9カ月修了)。
月1回の土曜集中講座(12回修了)もありますよ!
なお遠方の方は第3土日に1泊2日の6回で修了するコースも有ります。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm




カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話やSkypeでのカウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-73-3911
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演 ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング
☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。
http://npo-jisedai.org





ページトップに戻る