head_img

子育てや家族問題に役立つお話 【向き合わない】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その73
【向き合わない】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


「今回は『回避』ということについてお話したいと思います」

------回避というと『逃げる』ということですか?

「それも入りますが、もう少し広い意味として『向き合わない』という感じで捉えてみたいと思うんですね。これって実はいろんな事に関係しているんです。例えば不登校がそうですね」

------学校に行くことを回避しているということですね。

「本人はそのつもりがなくてもね。それに、他の問題を回避していたら学校に行けなくなったとか、親が回避するタイプだったから知らぬ間にそれをモデリングしていたりとか、いろいろとこの『回避』ということが関係しているんです」

------親が回避するタイプですか。

「はい。もっともそれもいろんなパターンがあるんですね。親が問題に向き合わず先送りするタイプだったり、表面的には、例えば仕事なんかでは積極果敢に行くように見える父親なんだけど、家庭でき夫婦の話し合いや子どもとの付き合いを回避するタイプとか…」

------なるほど。

「他には『いじめ』問題にも回避ということが絡んでいます」

------これも親の回避ですか?

「そういう場合もあります。しかしまずはいじめというのは『いじめる人間』と『いじめられる人間』、そして『いじめる人間に付随する人間』、最後に『傍観者』という構造の場合が多いんですね。
そして『いじめる人間に付随する人間』と『傍観者』は回避が存在するケースが殆どなんです。学校で言うと、時には教師も問題を回避する場合もありますね」

------そうですね。
確かに、いじめに関しては向き合うことが大切と言いますが、いろんな所に回避というものがあるんでしょうね。

「そうですね。また最近は、回避の受け皿にスマホやゲーム、ネットというものがあり、それが今度は問題になっています」

------こうやってみると、回避って確かにすごく大きな問題なんですね。
次回、もう少し詳しく伺いたいと思いますが、よろしくお願いします。



    Copyright(c)2016 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPOハート・コンシャスの玉田とNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。









♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
NPO日本次世代育成支援協会では、毎週月曜(午後、夜間)に一宮で、火曜日(午後、夜間)に名古屋で『心理カウンセラー講座』を開いています(9カ月修了)。
月1回の土曜集中講座(12回修了)もありますよ!
なお遠方の方は第3土日に1泊2日の6回で修了するコースも有ります。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm




カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話やSkypeでのカウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-73-3911
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演 ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング
☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。
http://npo-jisedai.org





ページトップに戻る