head_img

子育てや家族問題に役立つお話 【回避3】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その75
【回避3】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


今回も、『回避』のお話の続きということで。

「はい。前々回に、回避の先としてスマホやゲームということをお話しましたよね。これが今、大問題になっているスマホ依存症にも繋がっています」

------学校とか勉強とか嫌になって回避し、その先にゲームがあるという構図ですね。

「そうなんです。そしてこの回避先のゲームというのは、心理学的にも非常にうまく作られていて、嵌り出すとなかなか抜けられなくなっているんです。これはアルコール依存症やギャンブル依存症と一緒のパターンなんですね」

------こわいですね。

「本当にそうなんです。そしてこの抜け出せないパターンから垣間見えるのは、親がこの問題を回避して先送りする場合が多いということなんですよ」

------そのうち、やめてくれるだろうとか…。

「そうです。ところがゲーム会社は、その売り上げに企業の生死がかかっていますから、そう簡単に飽きられるようなものは作っていませんし、また飽きられる前に次から次へと嵌りやすい新しいものを作っていきますからね」

------そりゃそうですよね。

「そしてそうこうしているうちに、子どもは中毒になっていくんです」

------ということは、まずは親が回避して先送りなどしていないで、問題に向き合うことが大事ってことですね。

「そういうことです。例えば親が家でパソコンを娯楽に使っていたり、絶えずスマホを気にしているのに、子どもにスマホやゲームから抜け出して問題に向き合えと言うのはやっぱり無理が有ります。
お父さんも仕事でパソコンをやらざるを得ない場合はしょうがないとしても、それ以外は使わないぞという態度を示すのが先決でしょうね」



    Copyright(c)2016 合同会社ベルコスモ・カウンセリング
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPOハート・コンシャスの玉田とNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。









♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
NPO日本次世代育成支援協会では、毎週月曜(午後、夜間)に一宮で、火曜日(午後、夜間)に名古屋で『心理カウンセラー講座』を開いています(9カ月修了)。
月1回の土曜集中講座(12回修了)もありますよ!
なお遠方の方は第3土日に1泊2日の6回で修了するコースも有ります。

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm




カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話やSkypeでのカウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-73-3911
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演 ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング
☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。
http://npo-jisedai.org





ページトップに戻る