head_img

大人のアスペルガー 発達障碍

アスペルガー障害とアスペルガー症候群と高機能自閉症

アスペルガー障害というのは、アメリカ精神医学会の診断統計マニュアル、DSM-5では自閉スペクトラム症という項目に分類されています。 ところで、診断基準にはWHOの国際疾病分類第10版「ICD-10」というのもあります。
ここではアスペルガー症候群として分類されているんですね。

では、巷で使われているアスペルガー症候群というのは、そのICD-10の定義なのか、と言われると、それがそうばかりではありません。
アスペルガーという言葉が有名になったのは、ウィングという人の論文によってでした。
このウィングの枠組みに沿った場合も、アスペルガー症候群と呼ばれています。

さて、では高機能自閉症というのは何かというと、一般的にはIQが70以上ある自閉症というのが主な考え方なんですね。
そしてアスペルガー症候群の人は、IQが高い人が多いので、高機能自閉症とごちゃまぜになり、よく議論されることがあります。
つまり、高機能自閉症の中にアスペルガー障害が含まれるか、またはアスペルガー症候群は別物であるか、というようなお話です。

でも、ここではそこまでは深く突っ込まず、とりあえずウィングの言うところの『対人関係がうまくいかない』、『コミュニケーションが取り難い』『行動・興味・活動パターンが偏狭で、反復的・常動的である』という特徴がかなり強い人を想定して、とりあえずアスペルガー症候群と言うことにしましょう。
但し、あまり漠然とした話になってもいけませんので、まずは『アスペルガー簡易診断表』を作成しましたので、ご覧ください。
(Copyright(c)2016 合同会社ベルコスモ・カウンセリング)

1.目をあまり合わせない。若しくは目を反らさず相手の目を見続ける
2.会話のキャッチボールが出来ず一方的にしゃべる
3.流れに関係ない自分の話をする
4.人の話や呼びかけが聞こえていないような時がよくある
5.かなり年上の人、若しくは年下とつきあい、同年代の友達は少ない
6.「仮に」相手の立場だったらと考えることが難しい
7.相手の話のイントネーションや声のトーン、表情、態度から人がどう思っているかがわからない
8.人に対しての関心をあまり持たない
9.敬語の使い方がヘタ(タメ口になる)
10.比喩や冗談を理解しにくい
11.察するのが苦手
12.自分の考え方は絶対正しいと思い込む
13.自分の感情の気付きや理解が苦手
14.自分の気持ちを上手に表現できない
15.強迫的なところがある
16.ストレートに受け取る
17.強いこだわり傾向
18.予定の変更に強い怒りを覚える
19.変化に対してパニックになりやすい
20.狭い分野を深く掘り下げる
21.記憶力が良い場合が多い
22.反復的な動きが多い

23.決まったパターンで行動しようとする
24.不器用、運動が苦手
25.ぎこちない動きをする
26.光、音、臭い、皮膚感覚などに鋭敏で刺激に弱い
27.声のトーンにあまり変化がない



これらを簡単にまとめると、こういう感じでしょうか。

・周囲の空気を読めず、一緒に行動したり、場のルールを守ったりが苦手・相手の言葉からいろいろと察することができず、超マイペースな行動をとったりする
・すごくこだわることが多い。

つまりウィングの言うところの『対人関係がうまくいかない』、『コミュニケーションが取り難い』『行動・興味・活動パターンが偏狭で、反復的・常動的である』ということですね。
そして、アスペルガー簡易診断表の26にあるように、よく見られるのは『過敏性』です。
音や光にとっても敏感で、大きな音や閃光などでパニック状態となることもあります。

外から見た特徴としては、目を合わせるのが苦手、もしくは逆に相手の目を直視し続ける等があります。
また、指や手を使って行う動き(微細運動)が鈍い、つまり不器用なケースも多く見られます。

さて、上記にあるようにアスペルガー症候群の人にとっては、【察する】ということがとても難しい為、対人関係で非常に苦労をします。
周囲の言っている意味や社会的慣習が理解できずにトラブルとなったり、それによって怒られたり、逆に癇癪を起こしたりして、段々と人付き合いが嫌いになっていくケースが非常に多く見られます。

実際、カウンセリングに来られる大人のアスペルガーの方、若しくは家族や関係者の方の一番多いお悩みは、やはり人間関係です。
例えば、家族や職場で「人の気持ちを考えない人間だ」と非難される場合などがそうですね。

これは、本人が『やさしくない』のではなく、「仮に○○さんの立場に立って考えてみると…」と機能する脳のある部分がうまく働かないことによるものなんです。
これには「アンとサリー課題」という有名な実験があります。
まずは下図をご覧ください



花子さんが部屋にある赤い箱にお菓子を入れました。



そして花子さんは部屋を出て行きました。



入れ違いに今度はお母さんが部屋に入ってきて、花子さんが赤い箱に入れたお菓子を取り出し、青い箱に入れて部屋を出ていきました。



しばらくして花子さんが部屋に戻ってきました。
さて、花子さんはお菓子を取り出そうとして、どちらの箱を開けるでしょうか?

…という問題なんです。
これは『心の理論』というのですが、他の人の立場に立って考えるという課題なんですね。
そして、大体4歳くらいまでは「青い箱」と答えるのですが、それ以降は花子さんの立場で流れを考える脳の機能が発達し、「赤い箱」と答えるようになってきます。

ところが発達障碍やグレーゾーンの人の中には、この機能がうまく働かないケースがあるんです。
花子さんの立場で考えられないわけですね(この例のような単純なケースならOKですが、ちょっと複雑になると困難となります)。


下図のように、『思い遣り』というのは自分というものを相手の考え方の枠組みの中に『遣って』、相手の立場に立って『思う』ことなんです。
ところが、脳の機能の問題で、それができないということなのです。




また、本人としては、うまくやっているつもりでも、実は周囲が合わせてくれているだけの場合もあり、それにより仕事や結婚がうまくいかないケースも多々有ります。
したがってまず一番に大事なことは、アスペルガー症候群若しくはその傾向がある事、そしてそれによっていろいろな問題が発生しやすい事を周囲や本人が知るという事となります。
そうでないと、『自分勝手』『頑固』『図々しい』などの、間違った評価を受けてしまい、『聞く耳を持たない』とか『我が儘な言動を治す気が無い』などと、本人の人格とかけ離れた言われ方をされることが多いんですね。


では、どうすればよいのか? これを考えていきましょう。

なんと言っても、効果が有るのは行動療法応用行動分析です。
でも、日本は行動療法に長けたカウンセラーが少ないんですよね。
そこで、まずは一般的な方法を挙げてみましょう。

アスペルガータイプの人は、『文字通りに受け取る』のが特徴です。
だから、皮肉やメタファや曖昧な言葉が通じません。
従って、周囲は『正確に告げる』ことが必要です。
…と言っても、沢山の情報ほ一字一句正確に伝達するというのは、とっても大変な場合があるので、そういう場合は視覚情報、つまり箇条書きで書く、手順を絵で書く、図で説明するとかがよいでしょう。
また、『手順』や『リスト』等を紙に書いておき、それが必要な時にすぐ見られる場所に貼っておく、などの工夫も有効です。

アスペルガータイプの人は、うまくいかない時に怒りを押さえられないことが多いのですが、そういう時はどのようにすればいいかを考え、その手順をカードなどに書き、いつも持つというのもいいでしょう。
怒りといえば、周囲もアスペルガー症候群の人に怒りを感じる場合も多いのですが、例えば彼の図々しさは、『暗黙の了解』というものがわからない事から、そう見えてしまっているということを知る必要があります。

怒ってもしょうがないんですね。
『彼』が悪いのではなく、『彼とのコミュニケーションのやり方』に問題があると、できるだけ理解したいものです。
もっとも、これが一番難しいのですが…。

不器用なことも多いのですが、『身体能力的に不器用』なのか、『やり方を理解していないから不器用』なのかでは、教え方を間違えると教える人に対しての不信感が増すばかりです。
ペースややり方も、その人のペースに合わせたやり方でやらないと、反抗ばかりが目につくようになってしまいます。


さてあまり長くなっても読むのが大変ですので、まとめに入りましょう。
アスペルガー症候群の人を、所謂『普通にコミュニケーションのとれる人』にしようと思うと、かなり無理があります。
例えば、阿吽の呼吸が必要な高価なモノを売る営業職や、心理カウンセラーになろうと思っても難しいでしょう。
それよりも、どうしても社会生活においてトラブルが起きることにだけ問題を絞り、それを何とかクリアーできるように対処するほうが現実的です。

また『こだわる』ということは、1つのものに集中できるという事です。
それを活かして、良いところを伸ばしていくのが大事です。
他にもアスペルガー症候群の人には、優れた能力、例えば記憶力などを持っているケースが沢山あります。
是非、そちらに注目し、デメリットを上回るように周囲も本人も心がけていけば、問題は少しずつ改善する場合も多いのです。

アスペルガータイプの人のコミュニケーションにおける問題対応は、その人が積極型か消極型で違ってきます。

積極型

・自分のことばかり喋り続ける
・知識をひけらかす
・相手が何か言っても、すぐに自分の話に戻す

消極型(受動型 孤立型)

・自分から関わりを求めない
・積極的な人に支配されやすい
・自分の趣味や楽しみを優先する

そして共通する一番の問題は、

・人の立場に立って考えるのが苦手
・仮に〇〇だったら…、という「仮に」と考えるのが苦手

となります。

もちろん本人のやる気工夫努力は必要ですが、とにかくその人に合うやり方で、うまくいくようにしないと始まらないんです。

そして、それにはしっかりとその事を知っているカウンセラーのフォローが必要です。





発達障碍(ADHD)セミナー その1


発達障碍(ADHD)セミナー その2





Copyright(c)2006 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
一宮で、毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。 
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

発達障碍(自閉スペクトラム・アスペルガー)セミナー その3


発達障碍(自閉スペクトラム・アスペルガー)セミナー その4


=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師
☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org

カウンター


ページトップに戻る