head_img

HSP とても敏感な人 診断テストと対処法

大人のAD/HDはこちら⇒ http://npo-jisedai.org/aADHD.html
大人のアスペルガーはこちら⇒ http://npo-jisedai.org/aaspe.html

HSP(Highly Sensitive Person)」という言葉があります。
これは、医学的な用語ではなく、「とても敏感な人」として悩みを抱えている人のことを言う場合が多いんですね。

これについては、「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」(エレイン・N・アーロン著 富田香里訳)という本に詳しく書かれており、この本では全体の約20%の人がHSPではないかと考えています。

さて、この本にもHSPかどうかという診断テストが載っていますが、これはアメリカでの基準なのでここでは合同会社ベルコスモ・カウンセリングに相談に来られた方々の特徴から、診断テストを作ってみました。

まずはそのテストをご覧ください。

簡易HSP(Highly Sensitive Person)診断テスト
(この著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングに有ります。無断複製や無断使用はできませんのでご注意ください)


当てはまるものには〇、そうでない場合は×、どちらとも言えない場合は△をつけてください。
但し△が多いと傾向が出にくくなる為、出来るだけ〇か×としてください。


1.人に何か言われると、そのことに捉われやすい
2.内向的だと思う
3.人の言動に傷つきやすい
4.人の表情に敏感である
5.大きな声を出されると苦痛だ
6.動揺しやすい
7.未来のことに不安になりやすい
8.人にものを頼むのが苦手だ
9.じっと見つめられると思わず目を逸らしてしまう
10.心配性だ
11.周囲が黙ってしまうと、自分のコミュニケーション能力の問題だと思ってしまう
12.断るのが苦手だ
13.期待されると、期待に応えなければとあせってしまう
14.音、または光や皮膚に対する刺激に敏感である
15.人に評価されないと自信が持てない
16.本や漫画やテレビなどを見て、泣いてしまうことがよくある
17.ゆとりがない時が多い
18.自分が疲れたことに鈍感で、無理をしやすい



いかがでしたか?
〇は2点 △は1点 ×は0点として、合計点を出してください。

30点以上はHSPの傾向有り。25点以上は予備軍となります。

なお、5 7 9 14の項目は発達障碍の傾向がある人によく認められますので、当てはまる場合は下記の当協会のページをチェックしてください。
大人のADHD」⇒ http://npo-jisedai.org/aADHD.html

大人のアスペルガー」⇒http://npo-jisedai.org/aaspe.html

5.大きな声を出されると苦痛だ
7.未来のことに不安になりやすい
9.じっと見つめられると思わず目を逸らしてしまう
14.音、または光や皮膚に対する刺激に敏感である

その場合はストレートタイプの人が多く、逆に変化球(表裏のある言動)には弱く、それをやる人が嫌いなため、人間関係においてトラブルがよく生じます。


ところでHSPタイプの人には、いろんな可能性(良い可能性も悪い可能性も)を掘り下げたり、あるいは先々まで考えられる人が多く見られます。
当然のことながらリスクというのも、その人の目には映りやすいので、よく言えば慎重、悪く言えば臆病になりがちである。アーロンは著書「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」の中で、HSPには2種類あると述べています。

1つ目のタイプは、行動活性システムのレベルが低く『静かで、穏やか、かつシンプルな生活を好む。相談役階級の中でも、僧侶タイプといえる。』(『』内は引用文)
もう1つのタイプは、行動活性システムのレベルが高く『好奇心も警戒心も強いので、すぐに退屈すると同時にすぐに神経が高ぶりすぎてしまう。こういう人は、自分の中に静かな相談役と衝動的な戦士が療法いて、いつもこのふたりが争っているといえるだろう。』

(注 行動活性システムとは、云わば新奇なものへのチャレンジとか冒険を促すシステムのことで、この反対はブレーキをかける行動抑制システムである)

なお、このタイプはADHDタイプに親和性があることが多いようです。


さて、ではHSPタイプで悩んでいる人はどうしたらいいのかというと、やはり認知療法の考え方を身に付けるのが一番ではないかと思います。
過敏なのは特質としてしょうがないとして、認知の歪みや過度な不安を修正し、逆にHSPの特性の優れたところをどのように活かすかを工夫する。これが大事なのではないでしょうか。

完全主義』や『べき主義』、そして『過度の一般化』などを修正すると、生き辛さや悩みは随分減りますし、低い自己評価などの認知の歪み(勘違い)が有れば、それを立て直すだけでいろいろな明るい可能性も広がっていきます。

自分だけでそれをやるのが難しい場合は、認知療法や短期療法に長けたカウンセラーに相談するのもお薦めです。

認知療法のページはこちら⇒ http://bellcosmo.net/ninchi.html




なお、申し訳ございませんがHSPについての電話やメールでの無料相談は現在行っておりませんので宜しくお願い致します。
ご相談は、カウンセリング(有料)となっております。

HSPに関するカウンセリング(有料)のご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。遠方の方には電話カウンセリングやSkypeカウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


参考資料
  「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。」(エレイン・N・アーロン著 富田香里訳)




お役に立てる心理学の本


「ハート・コンシャス」~ 交流分析・認知療法・実存セラピー~
鷲津秀樹著 1620円
交流分析や周辺理論がとてもわかりやすく書かれている本です。
著者が名城大学の講義でも使っている本で、大学内の書店か通販以外ではお求めになれません。
お買い求めは、ここをクリック! http://bellcosmo.net/hon.html

電子ブック
はこちら⇒





Copyright(c)2006 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権は合同会社ベルコスモ・カウンセリングにありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜(午後)に一宮で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
一宮で、毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。 
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師
☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談
を行っております。
http://npo-jisedai.org

カウンター


ページトップに戻る