head_img

応用行動分析(ABA) 子育てに凄く役に立つ心理学

このページでは、子育てにおいてすごく効果のある心理学、応用行動分析(ABA)についてNPO日本次世代育成支援協会の鷲津がお話します。
まずは、子育てにおいて陥りやすい注意点。

『犯人捜し』

我々は何事においても、すぐに因果関係を考えたくなっちゃうんですよ。
例えば、『子どもが怒りっぽい』としますね。
するとすぐにお母さんは『わたしが甘やかして育てたから』とか考えちゃうんです。

でも、行動分析では犯人捜しはあまりやりません。
そうじゃなくて、行動の前と後に何が有ったかを見るんです。
この場合で言うと、『子どもが怒った後に何があったか』ということですね。




例えば子どもが怒ったあとに、親がそれをなだめようとしてお菓子をあげたり、気を遣ったりしていたとします。
それを『甘やかして育てた』とか責めたりせず、シンプルに『怒ったあとに○○というメリットがあった』と、そう捉えるわけです。

さて、この話を進める前に、『行動』ということについて、少し堅苦しい話をさせてください。
先程、行動分析というのは行動の前と後に何が有ったかを見ると言いましたが、その流れのことを行動随伴性と言います。
例えば子どもがお手伝いをしたとしますね。
そしてご褒美にお菓子をあげたとします。
するとこの流れは、お菓子が無い状態、お手伝いをする、お菓子がある状態、という流れとなりますよね。
ご褒美ではなく罰を与えられる場合で言うと、例えばこの画面の例でいきましょうか。




本来だと勉強をやる場面だとしますね。
なのにゲームをする、叱られる、という流れになります。
さて、ご褒美にお菓子をもらうと、お手伝いをすることが増えたとしますね。
だとすると、お菓子をあげるというのは、その行動を強化することになります。
逆にゲームをしたあとに叱られたら、ゲームをしなくなったとしますね。
この場合は、叱るということが行動を弱化したということですよね。
これらをまとめるとこうなります。行動の後に、その人にとって『快』があると行動は強化され、行動の後に『不快』があると、行動は弱化されるということなんです。




専門用語ばかり並べるとつまらなくなるので、ここはお子さんの勉強の話をこれで考えていきましょうか。




先行刺激というのは、行動を促すものだと考えてください。
例えば『宿題をやりなさい』と子どもに言った場合、それが先行刺激となります。
そして、子どもが行動した、つまり宿題をやったとしますね。
その後に『はい、ご褒美のケーキ』とケーキをあげたとしたら、これが後続刺激となります。

では、宿題をやらなかった場合は…。

やらなかったら、どうします?
叱りますよね。

その場合は、その『叱る』ということが後続刺激となります。
ということは、これは言い方があまり良くないかもしれませんが、『快』や『不快』というものを利用して行動を変容させると言ってもいいかもしれませんね。
ところで、今度はこの図を見てください。




左側に『目標』というのがありますね。
ここは凄く重要なんですけど。例えば子どもが数学が苦手で、いつもテストで10点とか20点しか取れなかったとしますね。
さぁ、どんな目標にしましょう?

そうすると、こういう答えがよく出てくるんです。

「テストで50点以上取ること!」

そうなっちゃうんですよね~。

一般的には、その考え方でもちろんOKです。
でも、行動分析では、それを目標としないんですよ。
なぜなら50点というのは、『行動』ではなく、行動の『結果』だから。

この図では、目標の矢印は『行動』に向いていますよね。
…ということは、50点というのは願望であって、その50点を取る為の行動を目標として掲げましょうってことなんです。

先程も言いましたが、普通は50点を目標にしても何もおかしくありませんよ。
ただ行動分析では、『行動』を目標にしましょうという話です。

さて、今は数学についてでしたが、この図では英語にしてあります。
『英語の成績が3なのを4にする』というのを目標にするのではなく、其の為の行動、例えば『毎日英単語を三つ覚える』というように目標設定をすることが大事だということです。
それにね、こうすると上手くいかない時に、修正しやすいんですよ。
フィードバックして絶えず修正し、最終の目的に到達するぞ! ということです。
この考え方をサイバネティクスと言うのですが。




さて、望ましい行動に変容してもらう為には、先行刺激後続刺激が重要となってきます。

もうこの二つの言葉は、OKですよね。
先行刺激というのは、望ましい行動に結びつける為に出すわけで、また後続刺激というのは望ましい行動を続けさせる(若しくは望ましくない行動を減少させる)為に出すわけです。



では、今度は例を変えて整理整頓について考えてみましょうか。




まず、この図では『片付けなさい』という指示が先行刺激となっています。
それを聞いて子どもが部屋を片付けたとしたら、『ほめる』という後続刺激となっていますね。
このような、行動を継続させていくものを強化刺激と言います。

しかし、片付けずに遊んでいる場合は『しかる』という後続刺激に進みます。
不快を感じさせて、遊んでいるという行動を弱化させるわけです(これを嫌悪刺激と言います)。
どちらにしろ、行動の後の刺激により、行動に影響を与えて変容させようとするということですね。



さて、よく叱るより褒めろと言いますよね。
今度はそれについてお話しましょうか。

これは何もお母さんやお父さんに、『やさしくあれ!』と言っているわけじゃないんです。
行動をその子にとって望ましい方向へ変容させるというのが目的なら、叱るという後続刺激よりも褒めるという後続刺激の方が、圧倒的に効率がいいんですよ。
本当に、何倍も効率がいい。
ここに書かれているのが、その理由です。




まず第一に、叱られるというのは、結構簡単に馴れてしまうんですね。
右の耳から左の耳へ、というやつです。
ところが、褒められるというのは意外に馴れないんですね。

例えば僕は愛知大学の社会人講座の時に、子育てを勉強したくて参加されているお母さんに、
「ちょっと伺いますけど、『素敵だね』とご主人に言われた時に、『もう、その言葉は聞き飽きた』とか言いますか?」
と聞いたりします。

そうすると聞かれた女性は即座にこう答えるケースが多いんですね。

「馴れるなんてとんでもない!どれだけでも言ってほしいです(笑)」

そうなんです。
褒められるっていうのは、馴化が起こりにくいんですよね。


さて、二番目は消失という問題です。
例えば食後の歯磨きという行動について考えてみましょうか。
その場合、叱られた時だけ磨く、叱られなかったら磨かないということです。
褒められない場合もこの行動の消失ということが起こり得ますが、叱られるというケースはこの問題が顕著に出るんですよね。


三番目の『回避にエネルギーを使う』というのは、歯磨きをやらないですむように、いろんな手を使って回避を頑張るということです。
磨いたふりをするとかにね。
中にはわざと歯磨き粉を唇に付けちゃうとか…。
そこまでエネルギーを使うんなら、返って磨いた方が早くないか?って気もするんですけど。


そして四つ目。
これが重要なんですね。
歯を磨かない時に叱りますよね。
そしたら、それを繰り返しているうちに、歯磨きという行動が嫌いになっちゃう場合が多いんです。
逆に、歯を磨いた時に褒めると、歯磨きが段々好きになる。
この違いは凄く大きいんですよね。

しかも、こういう問題もあるんですね。
人は褒められると、新たなことにチャレンジしようという気になるんです。
自信もついていきますしね。
ところが、怒られてばかりいると、チャレンジするどころか、何かにつけ回避するようになっていくんです。


そしてモデリングということも考えなくてはなりません。
モデリングとは、この場合、親の考え方や行動を子どもが取り入れていくということなんですが、親が子どもをよく褒めて育てた場合は、その子も人を褒めるのが上手になります。
当然と言えば当然ですよね。
どんな時にどう褒めればいいのかが、子どもの頃から身に付いちゃっているんですから。

ところが褒められずに育った場合は、そもそも褒め言葉のボキャブラリィが少ないんですよ。
よく、『子どもをどう褒めていいのかわからない』とか、『わたしは褒めるのが下手』という親御さんがいますが、そういう人は殆どが褒められ足りていない人なんです。
逆に、子どもの頃に怒られてばかりいたので、自分もそれを無意識のうちにモデリングしちゃって、怒りで物事を解決するというパターンに、ついついなっちゃうんですよ。
ほんと怖いんですよね、モデリングって…。

さて、ここまでは「後悔しない子育て法」(鷲津秀樹著)から引用改変して応用行動分析についてお話しましたが、この理論は別に子育てだけではなく、仕事にも家庭にも、人間が関係するシチュエーションではとても役に立ちます。
ここではほんの少ししかご紹介できませんでしたが、少しでもお役にたてましたら幸いです。
下記のビデオも宜しければご覧ください。








「ハート・コンシャス」~ 交流分析・認知療法・実存セラピー~
鷲津秀樹著(このページの著者です)1620円
交流分析や周辺理論がとてもわかりやすく書かれている本です。
著者が名城大学の講義でも使っている本で、大学内の書店か通販以外ではお求めになれません。
お買い求めは、ここをクリック! http://bellcosmo.net/hon.html
    Copyright(c)2006 NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にありますので、無断使用、複写等はできません。ご了承ください。

カウンセリングのご相談は、下記までどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-73-3911
合同会社ベルコスモ・カウンセリング
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html



♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮で『心理カウンセラー講座』を開いています。
月1回の土曜集中講座(12回完結)もありますよ!

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm




======================================================= NPO日本次世代育成支援協会では、 ☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及び教育相談を行っております。
http://npo-jisedai.org





ページトップに戻る