head_img

学習障害(LD)

「子どもが何か障害があるのではないかと心配・・・」

こう相談に来られる方が年々増えています。

心配されているお子さんの内容はというと、
・忘れ物が多い
・整理整頓ができない
・すぐにイライラする
・集中力がない
・かなり自己中心的である
・待つことができない
・思いついたことをすぐに口に出したり、行動したりする
・あきらめが早すぎる
・先生の話をしっかり聞けない
・注意がすぐに逸れる
・計画を立てられない 立てても実行できない

また、こういうパターンも多くあります。
・食べるのが遅い
・不器用だ
・少数の子どもとしか遊べない
・苦手なことはすぐ避ける
・話の内容が飛んだり脈絡がない
・あいまいな話を理解できない
・場の空気が読めない
・好みや行動がこだわりすぎる

学習に関しては
・本を読む時、字や行を飛ばしたり、勝手な解釈をする
・左右反対の字を書く
・板書をノートに書ききれない
・暗算が苦手
・文章問題になると急にできなくなる
・絵がとても苦手
・工作がとても苦手
・理解はできるのだが、片っ端から忘れる

もちろんお母さんの思い過ごしの場合も多いのですが、中には確かにオヤ
ッ?というケースがあります。
そういう場合は、早めに専門機関に相談されてみてはいかがでしょうか。


まずはLDの定義から。


学習障害とは、基本的には全般的な知的発達には遅れはないが、聞く、話
す、読む、書く、計算するまたは推論する能力のうち、特定のものの習得
と使用に著しい困難を示す状態を指すものである。
学習障害はその原因として、中枢神経に何らかの機能障害があると推定さ
れるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や、環境的
な要因が直接の原因となるものではない。(平成11年 文部科学省)


つまり、何かの部分が『超苦手』ということですね。
そして、それは『しつけ』とか『努力』の問題ではなく、脳生理学的な問
題であるということです。

また、この文科省に文言には入っていませんが、『多動や注意欠陥』とい
うADHDのような特徴、『コミュニケーションが上手く取れない』とい
う高機能自閉症のような特徴、また運動発達においての遅れが見かけられ
ることもあります。(下記の当協会のページをご参考ください。
ADHD⇒http://npo-jisedai.org/kosodate/ADHD.htm 
アスペルガー⇒http://npo-jisedai.org/kosodate/aspe.htm )
また、ADHDやアスペルガーの人に有効な対処法は、LDの対処法とし
ても有効なものが多いので、そちらも参考にしてください。


さて、LDは大きくわけると次のような問題となって表れてきます。

・学力の問題(読み、書き、計算等)
・コミュニケーションに関わる問題(聞く、話す、察する、周囲との調和
 等)
・情緒の問題(衝動性、多動、不注意等)

また、下記のような分類法もあります。     

・言語性   言葉や文章の意味理解に困難
・非言語性  視知覚、空間認知に困難(文字も形態認知なので非言語性)
・混合性   言語性、非言語性を併せ持つ

この2番目の『非言語性』のカッコの中が注意点なんですね。
例えば、『読み書きができない』からと、国語の練習ばかりさせていたら
、実は形態認知、つまり字の形を認知する脳の部分がトラブっていたとい
うケースがあるんです。
よく迷子になったり、地図が理解できない場合は、国語ができないのでは
なく、『形』を認知するのが苦手ではないか、一度心理テスト(WISC-IV等
)を受けて調べてみたほうがよいと思われます。


ところで、LDにおいて真に厄介なのは、二次障害と呼ばれているものな
んですね。

何かというと、例えば『他のことはできているのに、ある特定のことだけ
とってもできない』となると、「ホントは出来るのに、さぼっているんで
はないか?」と疑われたり、「他の先生の教科はよくできるのに、私の教
えることだけさっぱり出来ないというのは、私のことを凄く嫌っているの
ではないか?」と先生に誤解されたりすることがよくあるんですね。

つまり他の子ども(人)よりも叱られることが多く、【 I am not OK 】 
の枠組みに陥りやすいんです。
この【 I am not OK 】 が二次障害です。

また、多動や不注意、またはコミュニケーションにおいて場の空気を読み
取ることが苦手、などが原因となり『いじめ』に繋がっていくことも多々
あります。
この場合も、やはり【 I am not OK 】という強固な枠組みが形成されて
しまいます。

LD児ODD(反抗挑戦性障害)、そしてCD(行為障害=非行や刑法犯
)となり、最後にはAPD(反社会性人格障害)となっていく例も多いの
です。
実際、『学校が嫌い』とか、『勉強をやりたくない』、また『クラスメイ
トとすぐにトラブルになる』、『先生にいつも怒られたり馬鹿にされたり
嫌われたりする』等の理由で不登校となる子ども達の中には、周囲のLD
についての知識の無さが原因となるケースを多く見かけます。
    
LDの原因は?

子育てに関する講演や、子育てのカウンセリングにおいて、最近よく聞か
れるのが「どうしてLDになっちゃったんでしょう?」という質問です。

これには色々なことが考えられます。
例えば出産の際のトラブルや、超未熟児であったとか、幼児の時に重い病
気になった場合などは、それが影響しているのかもしれません。
また、例えば類似するADHDでは、ADHD児の親の3割はADHDの
要素があるという研究もあり、遺伝的なこともあるのでしょう。

医薬品や農薬などの化学物質、また食品添加物などが発達に色々な影響を
及ぼすということも研究発表されています。

ただはっきり言えるのは、躾とかの育て方が原因で発達障害になるという
ことではないというのは、明らかにされています。
しかし、LDやADHDの素因を持った子どもが、環境によって大変問題
な行動を取る人となってしまったり、殆ど問題なく返って長所を活かし、
社会的に成功する人となったりすることはありますから、育て方や接し方
が大変重要であることは間違いありません。

「とても『個性』とは思えない」と嘆かれる親も多いのですが(確かに苦
労されている気持ちはわかりますが)、嘆いたところでその子の行動が明
るい方向に変容する確率は、本当に少ないんですね。
LD児に多い『こだわり』や『特定の習慣や手順への固執』を、「自分勝
手」とか「人の言う事に聞く耳を持たない」と非難していても、親や先生
の望む子どもになる可能性は大変低いんです。

それよりも、やはり【可能性】を信じるということは、とっても大事だと
思います。
例えば、これはADHD児にもあてはまりますが、もし子どもが『衝動性
が強い』場合、それは『思いをすぐに行動に移す実行力』や、『新奇探求
性や好奇心に溢れ、新しいことを考えたりチャレンジする力』を持ってい
るということなんです。
ただ、経験が少ないから、失敗が多いだけなんですね。

『多動』というのも、『活動的』ということですし、『飽きやすい』とい
う特性も、うまく伸ばせば『気分転換が上手』ということになります。



さて、これもよく聞く声なのですが、「本に書いてあることはきれい事ば
かりで、実際には役に立たない内容が多い」ということについて少し僕の
考えを書きますね。

実は僕自身がADHDの傾向がかなり強い人間なんです。

小学生の頃は通知表にいつも『情緒不安定』とか『落ち着きが無い』とか
『飽きっぽい』とか書かれていました。

ただ、僕の場合幸いだったのは、昔はそんなに管理社会じゃなかったし、
親もどちらかというと放任主義だったので、自分に合ったやり方をかなり
自由にやれたことだと思います。

例えば、机の前に長時間座っていることがとっても苦痛だったので、本は
大抵寝転がって読んでいました。(これは今でもそうですね。机の前に座
っているのはパソコンの打ち込みをしている時くらいのものです。いえ、
パソコンの打ち込みも寝転がってノートパソコンでやっている時もあるく
らいです。)

その本を読むのでも、1つの本をじっくり読んでいくことができません。
10分くらい読んだら、もう飽きてしまって読むのが嫌になっちゃうんで
すね。
だからどうするかと言うと、複数の本を10ページ読んだら別の本、とい
う感じで平行して読み進めていく方法をとっています。

例えば今は講演で『いじめ』について話してほしいという要望が多いので
、それに関する本がベッドの周囲に6冊転がっています。
それをパラパラと適当にチェンジしながら読んでいくと、結果的には読み
終えることができるというワケです。
(これはこれでメリットがあります。同じ『いじめ』ということについて
書いてあっても見解の相違がありますし、逆に根本的に重要なことはやは
り同じことが書いてあるため、重複して読むこととなり、頭に残っていく
んです。)
               
【合ったやり方】が大事なんですね。
大抵の場合は【その子が悪い】のではなく【やり方が悪い】んです。


例を挙げましょうか。

LD児には、あいまいな表現を理解するのが苦手な子を多く見かけられま
す。
そういう子に、「ちゃんと頑張りなさい」と親や先生が言っても、その子
にしてみれば
『何をちゃんとすればいいのか』
『どうやって頑張ればいいのか』
さっぱりわからずに返って動けなくなったりする場合が有るんです。
そして、その動けない子を見て大人がイライラしたりすると、これで二次
障害の悪循環の始まりですね。

本当に細部までしっかりと具体的に、親や先生が言わなくてはならないん
です。
特に高機能自閉症に親和性のある子どもには、これが大切です。
文脈を読み取るのが苦手なので、『皮肉』や『比喩』が通じにくく、言葉
をそのとおりに受け取ってしまう場合があります。
大人からは、その子が自分勝手に行動しているように見えた時、
「随分まわりに気を使っているんだね」
などと皮肉を言うと、皮肉が通じず返ってその行動を強化することになり
かねません。

「自分の席のまわりを片付けなさい」と言われ、机の上のゴチャゴチャは
そのままに、椅子の周辺の床だけを片付ける子もいます。
これを先生が「ふざけるのもいい加減にしろ!」と怒ると、なぜ怒られた
のかも理解できないまま、I am not OK になっていくということになり、
大人への不信感が増していきます。

表現が上手にできない子も数多く見られます。
例えば、他の子にちょっかいを出したり、つついたり叩いたりしてトラブ
る子は、自分の気持ちを上手く表現できない為、そういう行動に出てしま
います。
まずは自分の気持ちがどういうものなのか、それを一緒に考え、そして『
かまってほしい時』はどのように表現したらいいのか、『他の子に邪魔を
されたくない時』は、その気持ちをどう伝えたらいいのか、それらを具体
的に、実際の言葉で言えるように教えていかなければなりません。
『自分の欲求を攻撃的な行動でかなえようとすると、結局はをする』
『自分の欲求を上手に表現できるとをする』
というのを、いかにしっかりと理解させるかが重要です。


LD児は体験することにより理解していくことが多いんですね。
「計画を立てなさい」と言われても、自分だけで立ててしまうと、ついつ
いいい加減な計画になっちゃうから、結局グチャグチャになって返って怒
られたりしちゃうんです。
【しっかりした計画の立て方】から教え、それを実行した暁にはとっても
ほめることにより、初めて身に着くんです。

また、LD児には、その子に合ったスピードが大事です。
作業記憶(次の何かに取り掛かった時、前のしていた事を覚えておくこと
のできる能力)に問題のある子が多いのですが、そんな場合は一つ一つの
ことについてメモをとったり、付箋紙に書き貼り付けていったりする時間
が必要です。

その子その子に合ったやり方を、いかに適切に周囲と本人が発見していく
かが勝負所ではないでしょうか。




追記

LDだけではなく、広汎性発達障害のお子さんをお持ちのお母さんやお父
さんには、その発達障害についての知識不足や周囲の理解の無さにより、
『過剰な自責』『周囲の反応に神経を消耗』『体調不良』などの状態
になってしまうケースがよくあります。

『不安障害』となり心療内科へ通う親も少なくありません。
悪循環に陥る前に、発達障害に詳しい医師やカウンセラーに相談しましょ
う。

     

         Copyright(c)2006  NPO日本次世代育成支援協会
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この内容はNPO日本次世代育成支援協会の鷲津が、愛知大学OCでの講
義の内容を元に書いております。
著作権はNPO日本次世代育成支援協会にありますので、無断使用、複写
等はできません。ご了承ください。

カウンセリングのご相談は、ベルコスモ・カウンセリングまでどうぞ。
遠方の方には電話カウンセリングも行っております。
愛知県一宮市本町2-3-2 イトカンビル4F 0586-23-5575
belcosmo@jade.dti.ne.jp
参照⇒http://bellcosmo.net/service.html


♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?
 
毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜の(午後、夜間)夜間に一宮
で、『心理カウンセラー講座』を開いています。
一宮で、毎月1回土曜に、集中講座(12回完結)も始めました。 

詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

=======================================================
NPO日本次世代育成支援協会では、
☆ 講演(主にコミュニケーションについて) ☆ 講師 
☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導及・教育相談
等のご依頼を、お待ち致しております。宜しくお願い致します。
http://npo-jisedai.org


参考 学習障害(Learning Disorder) DSM-ⅣTR より

読字障害

A.読みの正確さと理解力についての個別施行による標準化検査で測定さ
  れた読みの到達度が、その人の生活年齢、測定された知能、年齢相応
  の教育の程度に応じて期待されるものより十分に低い。

B.基準Aの障害が読字能力を必要とする学業成績や日常の活動を著明に
  妨害している。

C.感覚器の欠陥が存在する場合、読みの困難は通常それに伴うものより
  過剰である。

算数障害

A.個別施行による標準化検査で測定された算数の能力が、その人の生活
  年齢、測定された知能、年齢相応の教育の程度に応じて期待されるも
  のより十分に低い。

B.基準Aの障害が算数能力を必要とする学業成績や日常の活動を著明に
  妨害している。 

C.感覚器の欠陥が存在する場合、算数能力の困難は通常それに伴うもの
  より過剰である。

書字表出障害

A.個別施行による標準化検査(あるいは書字能力の機能的評価)で測定
  された書字能力が、その人の生活年齢、測定された知能、年齢相応の
  教育の程度に応じて期待されるものより十分に低い。

B.基準Aの障害が文章を書くことを必要とする学業成績や日常の活動(
  例:文法的に正しい文や構成された短い記事を書くこと)を著明に妨
  害している。 

C.感覚器の欠陥が存在する場合、書字能力の困難は通常それに伴うもの
  より過剰である。

特定不能の学習障害

このカテゴリーは、どの特定の学習障害の基準も満たさない学習の障害の
ためのものである。このカテゴリーには、3つの領域(読字、算数、書字
表出)のすべてにおける問題があって、個々の技能を測定する検査での成
績は、その人の生活年齢、測定された知能、年齢相応の教育の程度に応じ
て期待されるものより十分に低いわけではないが、一緒になって、学業成
績を著明に妨害しているものを含めてもよい。



反抗挑戦性障害(ODD)

A.少なくとも6カ月持続する拒絶的、反抗的、挑戦的な行動様式で、以
  下のうち4つ(またはそれ以上)が存在する。
1.しばしばかんしゃくを起こす。
2.しばしば大人と口論する。
3.しばしば大人の要求または規則に従うことに積極的に反抗または拒否
  する。
4.しばしば故意に他人をいらだたせる。
5.しばしば自分の失敗、無作法を他人のせいにする。
6.しばしば神経過敏または他人からいらいらさせられやすい。
7.しばしば怒り、腹を立てる。
8.しばしば意地悪で執念深い
注:その問題行動が、その対象年齢および発達水準の人に普通認められる
  よりも頻繁に起こる場合にのみ、基準が満たされたとみなすこと。

B.その行動上の障害は、社会的、学業的、または職業的機能に臨床的に
  著しい障害を引き起こしている。

C.その行動上の障害は、精神病性障害または気分障害の経過中にのみ起
  こるものではない。

D.行為障害の基準を満たさず、またその者が18歳以上の場合、反社会
  性パーソナリティ障害の基準は満たさない。


行為障害(CD)

法や規則を破ったり、他人に攻撃などの危害を加える。反社会性人格障害
の予兆とも言われる。
治療として効果があるといわれている方法 薬物療法、家族療法、環境カ
ウンセリング

A .他者の基本的人権または年齢相応の主要な社会的規範または規則を侵
  害することが  反復し持続する行動様式で、以下の基準の3つ(また
  はそれ以上)が過去12ヶ月の間に存在し、基準の少なくとも1つは
  過去6ヶ月の間に存在したこっとによって明らかとなる。

  <人や動物に対する攻撃性>
(1) しばしば他人をいじめ、脅迫し、威嚇する。
(2) しばしば取っ組み合いの喧嘩をはじめる。
(3) 他人に重大な身体的危害を与えるような武器を使用したことがある。
  (例:バット、煉瓦、割れた瓶、ナイフ、銃)
(4) 人に対して残酷な身体的暴力を加えたことがある。
(5) 動物に対して残酷な身体的暴力を加えたことがある。
(6) 被害者の面前での盗みをしたことがある(例:人に襲いかかる強盗、
  ひったくり、強奪、武器を使っての強盗)。
(7) 性行為を強いたことがある。

   <所有物の破壊>
(8) 重大な損害を与えるために故意に放火したことがある。
(9) 故意に他人の所有物を破壊したことがある(放火以外で)。
 
   <嘘をつくことや窃盗>
(10)他人の住居、建造物、または車に侵入したことがある。
(11)物や好意を得たり、または義務を逃れるためしばしば嘘をつく(すな
  わち、他人を”だます”)
(12)被害者の面前ではなく、多少価値のある物品を盗んだことがある(例
  :万引き、ただし破壊や侵入のないもの;偽造)。

   <重大な規則違反>
(13)親の禁止にもかかわらず、しばしば夜遅く外出する行為が13歳以前
  から始まる。
(14)親または親代わりの人の家に住み、一晩中、家を空けたことが少なくと
  も2回あった(または、長期にわたって家に帰らないことが1回)。
(15)しばしば学校を怠ける行為が13歳以前から始まる。

B. この行動の障害が臨床的に著しい社会的、学業的、または職業的機能
  の障害を引き起こしている。

C. その者が18歳以上の場合、反社会性パーソナリティ障害の基準を満
  たさない。

軽症  診断を下すのに必要な項目数以上の行為の問題はほとんどなく、
    および行為の問題が他人に比較的軽微な害しか与えていない。
    (例:嘘をつく、無断欠勤、許しを得ずに夜も外出する)
中等度 行為の問題の数および他者への影響が”軽症”と”重症”の中間
    である。(例:被害者に面と向かうことなく盗みを行う、破壊行
    為)
重症  診断を下すのに必要な項目数以上に多数の行為の問題があるか、
    または行為の問題が他者に対して相当な危害を与えている。(例
    :性行為の強制、身体的残酷さ、武器の使用、被害者の面前での
    盗み、破壊と侵入)


反社会性パーソナリティ障害(APD)

A.他人の権利を無視し、侵害する広範な様式で、15歳以降起こってお
  り、以下のうち3つ以上によって示される。

1 法にかなう行動という点で社会規範に適合しないこと。これは逮捕の
  原因になる行為を繰り返し行うことでしめされる。
2 人をだます傾向。これは繰り返し嘘をつくこと、偽名を使うこと、ま
  たは自分の利益や快楽のために人をだますことによって示される。
3.衝動性または将来の計画を立てられないこと
4.易怒性および攻撃性。これは身体的な喧嘩または暴力を繰り返すこと
  によって示される。
5.自分または他人の安全を考えない向こう見ずさ。
6.一貫して無責任であること。これは仕事を安定して続けられない、ま
  たは経済的な義務を果たさない、ということを繰り返すことによって
  しめされる。
7.良心の呵責の欠如。これは他人を傷つけたり、いじめたり、または他
  人のものを盗んだりしたことに無関心であったり、それを正当化した
  りすることによって示される。

B.その人は少なくとも18歳である。
C.15歳以前に発症した行為障害の証拠がある
D.反社会的な行為が起こるのは、統合失調症や躁病エピソードの経過中
  のみではない



カウンター


ページトップに戻る